旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッドニュース

101209_2317~01


レジもない
奥の調理場もない
タバコの棚もない
床もない
電気もない
100円コーナーもない
果物もない
青森産の山芋もない
ラレシもない
4パック70円の納豆もない
色の悪い豚肉もない
くじらの肉もない
シャウエッセンもない
そうめんもない
ペヤングの大もない袋ラーメンもない
6個入りのL卵もないコンタクトの液はもともとない
原稿用紙もない
アイスもない
ポットもない
スポ日もない
にんにくの効きすぎたとりから189円もない
もつ煮込みもない
田舎おにぎりもない
手作りサンドイッチもない
うな丼もない
漬け物盛り合わせもない
サンキストのゼリーもない
スジャータのアイスコーヒーもない
缶ビールもない
ポカリもない
細いネクターもない
キャベツ太郎もわさビーフもピザポテトもサラダ煎もない
よっちゃんいかも酢だこさん太郎もかばやきさん太郎もない
アポロもない
シゲキックスもない
フェリックスの風船ガムもソーダガムもない
週ベもない
スピリッツもない
レジ台のふかしいももとうきびもない
ゆで卵もない
塩5円もない
外に止まってる段ボールだらけのきったねえバンもない
物凄い前傾姿勢でこわいくらいよく働く白髪の店長もいない
昼の背のちっさくて声のたけえおばちゃんもいない
ヒデもいない
深夜の背のたけえマスクのおっさんもいない
せがれもいない
フラメンコの娘もいない
紀香ファンの韓国人もいない
新入りのおっさんもいない



ドアの向こうを覗いても、見えるのは、非常ベルの赤いランプと、写メールを構える俺の姿と山手通りだけ



バッドニュースが届いた



池袋に暮らした約六年間
毎日のように世話になったコンビニ「アネックス」がこないだなくなった


俺んちに来たことがある人なら一度はここで買い物したことがあるだろう


酒タバコ雑誌生鮮自家製惣菜 一人モンの男のくらしに必要なすべてを兼ね備えた最強コンビニだ


連れていった奴等はことごとくアネックスというコンビニの特異さに驚き、必ずと言っていいほど気に入った


その時俺はいつも少し得意げな気持ちになった


弟とも行った
友達ともいった
恋人ともいった
ひとりでは数えきれないほどいった


帰り道
小腹が空いた深夜
歌詞に煮詰まった徹夜明けの朝
起きぬけ真っ昼間ポカリと朝飯を買いに
大体ジャージとサンダルで買い物にいった
いつぞやはPVのロケもここでさせてもらった


アネックスは、後期を除けばほぼ年中無休24時間体制で、俺のくらしに絶えず寄り添っていてくれた


違う街に暮らす今となっても、アネックスの不在は未だに信じがたく、とても切ない


一言お礼が言いたかった


思い出がやたらそう思わせるのかわからないけど


あんなに素敵なコンビニはなかった


長い間ほんとお世話になった


ありがとうアネックス


長文失礼した


敬礼
スポンサーサイト


Comments

「ハローワーク」を見て一度だけお邪魔させてもらいましたが、
あんなに味があって印象的なコンビニは初めてでした

もう一度行きたいと思った矢先だったので、
店を閉めたと聞いてとても残念です・・
アネックス…………残念ですね…

弔いの酌をあげなければ………

どんなときも!どんなときも!
とっても残念でなりません
さびしいですね^^
頑張ってください、応援してます

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。