旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めたら田町×2

こないだの屋根裏3マンライブ来てくれたみなさんどうもありがとう!

この日は大好きな面子で演れとても楽しい一日を過ごすことができた

特に旧知の仲であるGAUCHEとは、ほんとに久方振りの共演で、年々会うことは少なくなっていたものの、密かに勝手に、千葉の兄貴(みちよさんは姉貴)と慕わせてもらっていただけに、今回の共演はほんとに嬉しかった

まだ二十歳になるかなんないかの俺をかわいがってくれ、UTC初の企画にも出てくれ、初めてバンドの打ち上げってのはこういうもんなのかと教えてくれたのものも兄貴達だ笑

リクエストした懐かしい曲も「関谷君に」と聴かせてもらい、なんだかいろんな気持ちが込み上げて不覚にも目頭が熱くなった

gauche.jpg

打ち上げでも相変わらず兄貴達はその名に違わず豪酒で、いい酒をのめたなあ

まあそのお陰で、この関谷帰りの山手線をありがたいことに2周程さしてもらい、目覚めたら田町、次こそはと心に誓った2周目も、目覚めたら田町、俵万智サラダ記念日、やっと渋谷で目覚め、次こそは新宿でこの輪廻からの脱却をとまなこを見開くも、目覚めたら新大久保デーブ大久保グラウンド2周で、シェイプアップに成功

確かに懐かしさや楽しい思い出話は尽きないが、我々がどーのこーのできるのは、未来だけだ

またの共演を願い、精進したいと思う

バンドもすじゃくさんを迎えて4本目 だんだんとバンド感ちゅーか、お互いの呼吸も掴めてきたように思う

いつまでも出来うる限り新鮮な感覚で、貪欲にチャレンジしていきたい



ここ最近、言葉がというか、うたいたいことが白身の魚のように、ほろほろ、はがれて、箸で摘みやすくなっている

いまは無理には手繰り寄せない

しかしバリ3だ

静かになにごともなかったようにキャッチするのだ野生の力でな

力を抜け 気を抜くな



最後にもう一枚 theHANGOVERSトミーと

tomi.jpg

馬鹿みたいだが、きっと知り合う前から互いにこうなのだ
スポンサーサイト


Comments

3マンとっても楽しみにしていました!
期待通り、とっても楽しいライブでした◎

山手線2周強お疲れ様です笑

トミーさんと関谷さん、双子みたい
ほろほろはがれた言葉たちがうたになったら、ぜひ聴かせてくださいね
山手線の無限ループ、自分も抜け出せなくなったことあります。
酒飲みには共通の体験なんですかね(笑)。

19日の代々木も楽しみにしてま~す。
ぐるぐるまわっておつかれさまでした!

ライブとても楽しかったです。
良い夜でした!


靴まで一緒なんてすごいですね~(笑)
屋根裏3マンライブとても楽しかったです。
初めて聞くUNDER THE COUNTERの生演奏は
カッコ良く、時間の流れがとても速く感じました。
関谷さんとお話したさいご迷惑ではなかったでしょうか?
またライブに行きます!
2月5日に行けて本当によかったです。
これからもカッコいい歌を作り続けて下さい!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このブログエントリー好きです
力を抜け 気を抜くな

ものすごく心に響く言葉

白身魚のくだりも私好みです

さすがけんたろーくん

私も自分の思ってることを気持ち良く歌に乗せれるようになりたいです

琢磨の妻でした

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。