旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまんないね

春がきてる

まるで白い粉が舞っているかのような、ふんわりとした陽気に、少しむせて、なんだか訳もなく切なくなった

なんだろうねこの感じ 秋のそれとはまた違った感じ

こうも天気がいいとさ、なんかわからんけど外にいるだけでちょっと泣きそうになるね

あ、今日も日が暮れたね

おつかれ太陽

ラーメン太陽高円寺




夕べのフロア弾き語りきてくれた方々どうもありがとう

夕べは新曲をやった

歌詞は以前からなんとなくメモしてあったんだが、その言葉の気分に合うメロディーがストックになく、前日の深夜、区役所の前を失敬して作った

夜はまだ流石に寒く、2時間ほどであったが、それなりに声を張って作るとね、家で近所に遠慮しながらひそひそと作るのとはまた違ったかんじでね、なんというかフィジカルな作り方というかね、あまり計算のないね、原始的でね、ある種本能的なものが出てきやすいように思ったね



そんな新しい曲、名付けて 「たまんないね」

発表前は正直いいのかわるいのか半信半疑な部分もあったが、夕べ実際うたってみて、なかなかたまらなかったからよかった

なんで俺達たまんないのか、って事をうたったうた

ギャグではないっす まあまあ結構真面目

またうたってみたい

譜面台においた新曲の歌詞ノートをめくるのを忘れたままうたいだしてしまって、ちょっとおいら手が放せないところ、お客さんにノートをめくって貰ったりだとか、客席でのライブならではで楽しませてもらいました 助かりましたありがとう キミはその手で新しい物語の一頁をめくったのだ! すけべ!



万年筆のインクがきれた

買いにいかねば

どうしようもなくありふれたさえないフツーの日々に、度々おきざりにされる俺たちの愛の仕業を、オイラこの万年筆で逐一すくいあげるのさ

ガラクタでもかわいいやつは拾うぜ



この春は個人的に結婚式ラッシュ

明後日は大事な友の晴れ舞台

スーツはクリーニング済

安物の一張羅でうたう


じやあ
スポンサーサイト


Comments

春ののどかな暖かさは、どこか居心地が悪くて心が落ち着かなくなります
けして嫌いなわけじゃなく、むしろ好きなのに、変ですね

夕べはフロア弾き語り、いつもとは違った距離感ですごくよかったです
楽しみにしていた新曲も聴けましたし♪

きっと素敵な結婚式なのでしょうね!

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。