旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの季節

さくらおれ


ご無沙汰

みんなその後元気か

オイラ鬼元気

いまはというと、ブログを書いています

大を我慢しながらな

果たして書き終わるまで耐えれるだらうか

これぞダイの大冒険

やめとけ




夕べは池袋Admというところで初めてライブをやった

あるバンドをAdmに観に行った時、おお、すげえ ここで演りてえ たまんねえ と感銘を受け、その場でハコのスタッフの方に挨拶して 出して下さいとお願いしたのが確か二月頃

早速お誘い頂き、晴れて出演と相成ったわけでござる

アダムのPAさん(音響職人さん)はその昔ツアーで大変お世話になった方で、久々の再会だったわけだが、相変わらずの素敵な爆音でどーんと出して頂き、客席とステージとが近いハコの感じとも相まって、非常に愉しくやれた

新しい新曲も、披露したが如何だっただろうか

仮タイトル「さくらの女」

どんどん自分が演歌化してゆくようで末恐ろしいが、割合手応えありなので、是非聴いて貰いたい

色でいうと、黒の中に白っぽいこまかいピンクがいて、ぼんやり赤がすっといるかんじ




と書いたところで早くもゲームオーバー、堪えきれずいま厠に赴き用を済ませて来た

ファミコンで言うところの、

「あたらしくぼうけんのしょをつくりますか? はい いいえ」

の場面である

明日またやるとしよう




震災からもうすぐひと月が経とうとしている

3月11日の震災後、俺は五回ステージに立ちうたをうたった

明日の渋谷屋根裏で六回目

この一ヶ月いろんな事を思ったり、考えたような気もするが、結局、本分の全う これだけといえばこれだけを念頭にステージに上がっている

それに迷いはない

俺は音楽に、ことロックミージックに何度も救われて、いままで生き延びてきた

俺が誰かのそれになれるかどうかは甚だ疑問ではあるが、こころを燃やして、僅かでも ぼうっ あかりを灯せば、知らない街の暗い夜道にぽつりと咲くきったねえ赤提灯のように、旅人のなぐさめになることぐらいは出来るかもしれん

まあそんなおこがましい事は兎も角として、いつもやることをやるだけさ

できることをじやねえやることをやるだけ

コンセントに気を配りながら、己のエネルギーは余す事なく、じゃんじゃん放電してきたい

ACときたらDCと昔から決まっている



こんな事を考えつつも、テレビでやんなくなったら忘れちまうんだろってどっからか声がきこえてくる

ブームじゃいけねえ

忘れちゃいけねえことがある



気が付いたら真面目になっちまってたよ すまんな

こないだとある酒屋の前でこんなふざけた張り紙を見かけたよ

こうみ

今日通りかかったら、はがされてた

大方、上司の反感を買ったんだろう 大人しくしていればいいものを へっ ばかめ

まあ気持ちわからんでもないけどよ

明日もおいしい水道水でのどを潤し、うたいます

ここらで失礼

おやすみなさい 

またあした
スポンサーサイト


Comments

カッコよかったです!!

新曲とても良かったです。

新曲も今までの曲もとても良くて、言葉にできなくて、一言も感想言えなくて帰ってきてしまいました。


今日また聴けるのを楽しみにしています!
震災後初めてUTCのライブに行くことが出来ました

そして、とても元気をもらいました

道に迷って、すごく不安にになっていたところに関谷さんたちの顔を見つけて、すごくほっとしました
音楽もそんな存在です
だからこれからもうた、うたってくださいね

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。