旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のベジタブル

この時間にCSでやっているヤクザ映画ってのはどうも観ちまうね

責任・覚悟・仁義・恩・愛

俺は世の中的にカタギかといわれればそうでもないかもしんないけど、その筋の人間ではないし、ウチの親父もオヤジではないけども、こういった世界に学ぶ事は多いような気がするし、腹筋に力の入る思いがいつもする

かの名作、仁義なき戦いシリーズで一番好きなのは「広島死闘編」だ

この間知り合ったVシネマの脚本家の方もこれが一番好きだと言っていて話が盛り上がった

ハンパな自分シバクにはいいですよ

外国なら、ゴッドファーザーもいいっす

ちょっと違うけど、去年観た「十三人の刺客」も見終わった後腹に力入ったなあ

腹くくれなかったことで迷惑掛けた事や、失敗したことがいままでいくつもあったような気がする

オトシマエはきっちりつけないと

また顔を合わせたい人がいるんなら、会う顔ってのを作らんとね






それはそうと、今日は昼間つばきフレンズのリハーサルに顔を出した後、夜UTCのスタジオへ行ってきた

新曲を試す

なかなかいいかんじだ

いままでありそうでなかったかんじ

スタジオに歌詞や曲を持って行く時は、いつも緊張している

ライブをしたり、レコードを作ったりと人様に聴かせる中にあって、オイラにとって一番最初のリスナーはバンドメンバーだからだ

その曲をこれから一緒に演奏しようというのだから、まず彼らをその気にさせなくちゃいけない

反応がいい時もあまりそうでない時も、音を合わせていてそれはなんとなくわかる

俺は無駄に結構シンケーがコマケーから、メンバーに気を遣わせたり、変な空気にしてしまうことがあるけど、みんなのお陰で毎回スタジオでこそこそといろいろ学んでいる

今日はいいかんじというかバンドのテンションが噛み合うかんじがいくつかあった

いい時ってのは、バンドがうねうねっと空気をとんがらせていくかんじがして、嬉しい気持ちになるからすぐわかる

そういう瞬間をできるだけ多く作りたい

そんでもって、それを界王拳ジュウベエにして、かたまりにして、あなたのところへ届けたい

活きのいいやつを届けたい

少々お待ち

楽しむんだ俺は

ゆくゆくはあんたと一緒に


スポンサーサイト


Comments

ヤクザ映画はあまり見たことないけど、仁義とかの考え方、好きです
義理堅いのは美徳だと思います

ありそうでなかった感じの新曲、かなり楽しみです
ぴっちぴちに活きの良いのを、10倍界王拳でどかーんとお願いします!
わくわくしながら待ってます♪
家のおじいちゃんはちょうどその頃に呉にいました!
目の前で映画さながらのシーンを見たことがあるそうですよv-237
ご無沙汰しているけれど、曲作りが順調そうで何よりだ。
今月は無理だけれど、またUTCの曲が聴きたい。
新曲を、首を洗って待っているよ。

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。