旅はくつずれ

UNDER THE COUNTERのボーカル 関谷謙太郎のブログ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺り一面つばき一色

遅くなったが、日曜のつばきフレンズの公演にお越し頂いた皆様どうもありがとう

この日オイラは「夢見る街」といううたをうたわせて貰った

この曲は、数年前一緒にツアーを回ったり、各地で度々対バンしていた時分、当時「夢見る街まで」というアルバムを発表したばかりのつばきがよくライブでプレイしていた曲だ

このうたを選んでうたわせて貰うにあたって、俺には頭ン中でどうしても引っ掛かる部分があった

それは曲の一番最後の一行

「ほんとはそんな夢幻想?」

という一節だ

いろんな悩みや葛藤の渦中にありながらも、夢見る街まで歩いて、歩いてゆくんだ と言う意思や決意をうたったこのうた

しかし最後の最後、つぶやくように先の一節でこのうたは終わる

確かに一色サンの作風としてこういったある種、”ニヒルな” 一面がある事は俺もなんとなく知っているつもりだった

しかし、


”いまの一色サンは、この曲のオチをこうはうたわねえんじやあねえだろうか・・・??”


これが、この曲を2月に選んだ時からの俺にとっての唯一の懸念だった

勿論、オリジナルはオリジナル、俺もモノを作る人間のハシクレとして、これを書いた一色サン、バンドメンバーの小川サン、ナオチャンは勿論の事、つばきのファンの皆さんにとって、この曲がこれ以外の歌詞であったり、メロディだったり、アレンジである事は通常考えられないことだろうし、ましてやこれを他所者が、安易に変えてしまうという事は、ともすれば、オリジナルに対しての単なる冒涜になり兼ねない

けど俺は、このつばきフレンズというイベントに出演させて貰う以上、この問題を曖昧にしたままうたうことはできない

開演直前まで迷っていた

”俺が思ういまの一色サンなら、こううたうんじやあねえか”

その歌詞は前日に用意してあった

迷った挙げ句、開演前、小川サンとナオチャンを呼んで、気持ちを話した

二人は真摯に俺の話を聞いてくれ、「いいと思うよ 一色もきっといいって言うと思う」と、提案を快諾してくれた

そして一色サンにも電話でこの旨伝えた

一色サンは俺が作ってきた歌詞を「おお、いいじゃん」と言ってくれ、「じゃあこれで今日うたわしてもらいます」と言うと、「ありがとうな、よろしくたのむわ」と言った

武者震いがした

MCでもファンの皆さんに簡単ながら経緯を説明させてもらって、無事うたい終える事ができた

賛否両論様々であるかとは思うが、これが、俺がこの曲をうたわしてもらう上での、精一杯の誠意であったことをお伝えしておきたい




とまあ、まじめ腐ってつらつら書いてしもうたが、何よりとても楽しいイベントだったし、つばきフレンズの共演者の方々はじめ、お客さんやいろんな人の気持ちが、嬉しい一日であった






夢見る街
(Sky is Waiting For One-Color Ver.)



時にはそれも大事だ 時にはあれも大事だ
大事なものは増えてゆくみたい
全部背負い切れるのかな できれば教えて欲しいよ
本当に大事なものは何?

「妥協する事も 時には大事」って
惑わされるな 言葉は危ない

歩いて 歩いて 夢見る街まで
今は振り返るな...嗚呼

絶対にあきらめない事 本当にいい事なのか
夢の餌食になってしまったみたい
道の途中には 裏切りや罠が...
つまずきながら 坂道のぼって
何のためなんだと あきらめたくなるけど
「それでいいの?」って 言葉に撃たれて

歩いて 歩いて 夢見る街まで
サヨナラも言わなきゃ
歩いて 歩いて 夢見る街まで
このままじゃ終われない...嗚呼

誰も知らない 風に吹かれ 飛んでゆけたならば

歩いて 歩いて 夢見る街まで
翼などいらない
歩いて 歩いて 夢見る街まで
今はもうそれだけ...嗚呼

正夢になる日を待ってる





一色サン、あんたの帰りを待ってる
スポンサーサイト


Comments

当日間に合うかわからなくて、時間もあまりなくて
行こうか迷ったけれど、聴きに行ってよかったです。

とてもいいライブだと思いました。

つばきの曲の中でも好きな曲の一つだったので
とても嬉しかったです。

あれからこの曲が、何回も頭の中で流れていますよ!
ありがとう
自分が初めてアンカウのライブを見たのはつばきがゲストだった回の猪鹿蝶でした。

まさに今回のつばきフレンズと同じQueにつばきを見たくて行ってアンカウも好きになって。

関谷さんが歌った「夢見る街」、聴けてよかったです。ありがとう。
遠方なんで行けないのが残念です。
でも応援してます!

Leave a Comment


Body

プロフィール

関谷 謙太郎

Author:関谷 謙太郎
UNDER THE COUNTERの唄い手

1982年10月16日生 新潟県長岡市出身 A型

広島カープ・大相撲・酒・セブンスター・オールスター赤・たこぶつ・トマト・ブロッコリー・わさび・散歩・ヤマザキジャムアンドマーガリン・ダノン・銭湯・伊丹十三・坂口安吾・夜のパトロール・つげ義春・ジムジャームッシュ・桃・冷奴・ポン酢・梅干し・昼の蕎麦屋・人間・紅ショウガ・ジョーストラマー・酒・音楽

好む

 
 
 
QRコード
QR
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。